女性の病気

早流産

早産とは、在胎週数が、22週 - 36週で出産することをいいます。
しかし、児が既に死亡しているときは、早産ではなく死産です。22週未満の場合ですと、流産になります。
 早産とは、基本的には、保育が適切であれば生存は可能です。いわゆる早産で生まれた児は、未熟児と呼ばれているものです。

 

何故、早産になってしまうのでしょうか。様々な理由をあげることが出来ますが、これはママ側、そして、赤ちゃん側に原因がそれぞれ発生するようです。
ママ側。子宮頚管無力症。子宮奇形。
子宮筋腫。などなど。
赤ちゃん側。子宮内胎児発育遅延。前置胎盤。多胎妊娠。などなどです。
赤ちゃんが早産のための対策たてることは当然出来ないことです。やっぱり早産に対して、ママの意識を高める必要がありますよね。妊婦としての自覚をより持っていただくということなのではないでしょうか。

 

流産。また何故流産になってしまう人がいるのでしょうか。その理由のほとんどが受精卵の異常だと言われています。何かやっぱり流産してしまう女性って自分が悪いと責めてしまう傾向にあるみたいですね。しかし、その原因は偶発的なものによるところが多いのですよ。いわば自然の摂理と言ったところのものなのではないでしょうか。
 兎に角女性ってこのように男性にはとうてい出来ない機能を背負わされてしまっている訳ですよね。もっとこのように苦しんでいる女性のことを夫は理解して、優しく労るように接してあげて下さいね。