女性の病気

不妊症

時々、不妊症で悩んでいるという女性の話しを聞きますが、まさに女性ならではの病気であります。
 そして、不妊症って夫婦にとってもとても切実な問題なのではないでしょうか。不妊症で、夫婦仲が悪くなるケースまで起こる訳ですから、どうしても治療したいと思いますよね。
 まず不妊症とは一体どういうことを言うのでしょうか。
 不妊症は、正常に夫婦生活で2年以内に妊娠しないことを言います。
しかし、何故妊娠しないのかは、原因は様々です。一般的には、子宮内の血液循環が悪く、ホルモンの分泌がうまくいっていないケースが多いみたいですね。

 

 治療法の一つとして、タイミング法によって妊娠に到達出来る場合もあります。ホルモン値、卵巣の大きさなどをチェックして、性交のタイミングを掴む方法です。しかし、簡単にタイミング法でうまくいかない場合には、人工授精を行う場合もあります。
しかし、一般不妊治療によってもなかなか妊娠に至らない場合、別の治療法が取られます。体外受精・顕微授精などです。身体的にも費用面でも負担がかなり増加しますので、患者様と良く話し合った上で行う治療方法となります。

 

しかし、現代においては不妊症の治療はかなり進歩したと言ってもいいのではないでしょうか。体外受精、顕微授精、胚盤胞移植・・・様々の方法が妊娠をエスケープするために開発されているのです。昔、不妊症だからと言ってもう出産をあきらめていた女性も、今では、こういった方法でもって、出産という夢をあきらめずに済むことが出来るようになった訳です。